【レビュー】楽天モバイルを使ってみました!【2021年5月版】

楽天モバイル

人気の高かった楽天モバイルのレビュー記事をひとつにまとめてみました。新しい情報などがあれば定期的に更新する予定です。

以下の内容は本記事の最終更新日(上記参照)時点の内容です。最新の情報につきましては,必ず楽天モバイル公式サイトでご確認ください。

iPhone取り扱い開始!

画像:楽天モバイル「iPhone 12登場!」
引用元:楽天モバイル公式サイト

本記事最終更新日時点で取り扱いのあるiPhoneは以下の5機種です。

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)

また,iPhone発売記念キャンペーンとして最大20,000円相当のポイント還元も実施されています。

画像:楽天モバイル「iPhone 12同時購入で><noscript><img src=楽天モバイル公式サイト

まず,SIMの申し込みで誰でも5,000ポイント還元,さらにiPhoneを一緒に購入すると15,000ポイント還元され,合計20,000ポイントとなります。詳しい適用条件などについては楽天モバイル公式サイトでご確認ください。

お得なキャンペーン

本記事最終更新日時点で実施されているお得なキャンペーンを紹介します。

「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3か月無料キャンペーン

画像:楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI プラン料金3か月無料キャンペーン」
引用元:楽天モバイル公式サイト

プラン料金とユニバーサルサービス料が利用開始日から3か月間無料となります。

申し込みの条件は以下の通りで,新規やMNP以外にも従来の楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)からの移行手続き後の申し込みでもOKです。DMMモバイル(現在は楽天モバイルがサービス提供事業者)についてはMNPが必要なようです。

  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に他社からの乗り換え(MNP)で申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後,申し込み

なお,詳細なキャンペーン内容や適用条件については必ず楽天モバイル公式サイトをご確認ください。

個人的には迷っている方は申し込んでおいて損はないと思います。あとで不要になったとか,自分の近所では繋がりにくかったなどの理由で解約したい場合に手間などはかかりますが,使わなければ0円ということも考慮すれば試してみる価値はあると考えています。

私は初月(13日間)に3.36GBを使用しました。最初ということもあって意識的に利用しましたね。無料期間がなかった場合,3GBを少し超えましたので2,178円(税込)の月額料金となり,それが無料だったと考えるとやはりお得です。因みに3.36GBのうち0.11GBだけパートナー回線使用でした。ずっと同じ場所で使用していましたが,何かのタイミングでパートナー回線に繋がったようです。どの回線が使われているかは以下のようにアプリで確認することができます。

画像:楽天モバイルアプリ

初期費用無料!最大25,000ポイント還元!

あまりアピールされていないですが,事務手数料(初期費用)が無料です。一般的には3,000~4,000円くらいで設定されているところが多いですので,その分が無いというだけでもかなり負担減です。

画像:楽天モバイル「最大25,000ポイント還元!」
引用元:楽天モバイル公式サイト

ポイント還元のキャンペーンについては,まずSIMの申し込みで全員5,000ポイント還元となります。そして,スマホセットを申し込んだ場合に最大20,000ポイントが加算されます。後述の通り,私はXperia Aceのセットで申し込みました。なお,iPhoneについては前述の通りです。

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

2021年4月1日より楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」となりました。なお,料金プランはひとつのみですので申し込み時に迷う必要はありません。

「Rakuten UN-LIMIT VI」は下図のように,1GBまで0円3GBまで1,078円20GBまで2,178円20GB超過後はどれだけ使っても3,278円となっていますので(いずれも税込),利用量の少ない人にも,多い人にもお得な料金プランです。

個人的には料金プランのひとつの到達点だと考えています。単なる従量制ならめずらしくはないですが,やはり1GBまでは0円というのがこの料金プランを輝かせていると思います。

画像:楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」
引用元:楽天モバイル公式サイト

昨今は10GBや20GBといった大容量の料金プランが主流になってきていますが,私自身は1~2GBくらいのプランが使いやすいと考えているので,利用量の少ない人が無料または低額に抑えられるというのはとても良いと感じています。

楽天モバイルの申し込み

私が楽天モバイルに申し込んだのは2021年3月16日で,Xperia Aceのセットを選択しました。もちろんSIMカードのみを申し込んで,現在お使いのスマートフォンなどで利用することもできます。

申し込み完了時には以下のような動画が表示され,今後の流れなどが説明されていました。

画像:楽天モバイル申し込み完了
引用元:楽天モバイル公式サイト

なお,スマホセットで申し込む場合,月715円(税込)の製品保証がデフォルトで選択されています。故障や紛失時に同一機種の製品と交換できるというオプションですね。この製品保証が必要ない人は選択を解除する必要があります。

電話番号は3つから選ぶことができました。また,1,100円(税込)で下4桁を検索して選ぶことができます。私はFOMAで使用している電話番号とほとんど同じものにしました。FOMAが090-XXZZ-ZZZZという番号だとすると,申し込んだ番号は070-YYZZ-ZZZZとなります。Zの部分がまったく同じですね。10秒くらいで引き当てました。8桁(上4桁)すべて同じにすることも可能かもしれませんが,時間もかかりそうなのでやめておきました。

楽天モバイルのSIM&スマホが到着!

SIMカードとXperia Ace一式が届いたのは申し込みの翌々日で,段ボール箱もロゴなどが印刷されたきちんとしたものでしたね。

画像:楽天モバイルのSIMとスマホが到着!
楽天モバイルのSIMとXperia Ace

マニュアルはフルカラーの冊子で,SIMカードにもロゴが入っており,なかなか気合いが感じられました。特にSIMカードは何も書いていない会社が多いので,分かりやすくて良いですね。複数あると本当に混同しやすいです。

マニュアルも図解付きで丁寧に記載されているので,初心者の方でも迷うことはなさそうです。因みに,楽天モバイルから購入したスマーフォンは最初からAPNなどが設定されており,また必要なアプリ(Rakuten Linkなど)もインストール済みですので,マニュアルを使うこともありませんでした。

楽天モバイルの速度はどう?

速度や安定性は使う時間帯や地域によっても異なりますので,参考程度にしかならないですが,気になる方もいると思いますので試しに計測してみました。東京23区内で19時にGoogleのスピードテストを用いて計測しました。計測に使用したのはSIMと一緒に購入したXperia Aceになります。MacBook ProとSurfaceからのテザリングも試しましたが,ほぼ同程度の内容でした。

  • 下り(ダウンロード):30.8Mbps
  • 上り(アップロード):72.4Mbps

私の持っている他のSIMではauのサブブランドであるUQモバイルが最も速く,上下ともに最大25~28Mbpsくらいですので,それよりもだいぶ出ていますね。経路の関係か測定方法の仕様かは分かりませんが,GoogleでなくUSENやNetflixのスピードテストだとGoogleよりも数字が良くなる傾向があるので,それらだともう少し出るかもしれません。

一般的な利用方法なら充分な速度だと思います。安定性についても少なくとも私のいる場所では,電波が弱いとか途切れるといったことはないです。いずれにしても,前述したように利用環境によって異なる場合もありますので参考程度にどうぞ。

因みに,リモートホストについては,ホスト名が割り振られずIPアドレスのままでの通信となります。以前の楽天モバイル(MVNO)では mvno.rakuten.jp や docomo.sannet.ne.jp というホスト名が使用されていました(サービス継続中のものは現在も同様のホスト名が使用されています)。また,DMMモバイルから移管された回線については vmobile.jp が使用されています。

発信者番号通知はどう?

発信者番号については,楽天モバイルの回線へ接続した状態はもちろんのこと,Wi-Fi(自宅の光回線)接続の場合でも相手方に表示されていました。着信についても同様です。

NTTドコモのFOMAとNTT東日本の一般加入電話(固定電話)で試しましたが,少なくとも私の環境ではWi-Fi接続の状態でも発着信ともにきちんと番号が表示されていました。

楽天モバイルで使用するアプリ

楽天モバイルで主に使用するアプリは「my 楽天モバイル」と「Rakuten Link」の2つです。

画像:楽天モバイルで使用するアプリ

my 楽天モバイル

「my 楽天モバイル」は,データ利用状況・契約内容・利用料金などを確認することができるアプリです。ホーム画面に必要な情報がまとまっていますが,下部のメニューからそれぞれの項目の詳細を表示することもできます。

画像:my 楽天モバイル

Rakuten Link

「Rakuten Link」は,いわゆる通話アプリですが,楽天のサービスを集約した機能も持っています。

基本的な用途は無料通話・メッセージ・SMSですね。Rakuten Link同士の通話やメッセージのやり取りはもちろん,他の携帯電話会社への通話やSMS,一般加入電話(固定電話)への通話なども利用できます。また,Rakuten Link同士であれば最大100人までのグループメッセージが楽しめ,写真や動画などの送受信も可能です。

通話に関する機能面では「連絡先」「通話履歴」「連絡先のお気に入り」「連絡先グループ」「連絡先検索」「留守番電話の設定」があります。一般的な機能は一通り備えられていると思います。

また,下部のメニューには「ウォレット」と「探す」というメニューがあります。「ウォレット」からは楽天ペイや楽天Edy,ポイントカードなどへのアクセスができるようになっており,「探す」からは楽天市場やその他の楽天サービスへアクセスすることができます。

画像:Rakuten Link

ことね@ライフナビ
キャンペーンによる無料期間があり,また無料期間終了後も1GBまでは0円なので,個人的にはオススメしたいです。

記事中の画像引用元:楽天モバイル公式サイト