テレワークや在宅勤務におすすめのWiMAX2+

WiMAX

WiMAX(WiMAX2+)とは?

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の需要が高まり,自宅でのインターネット環境構築の必要性が出ている人も少なくないと思います。自宅でがっつりと仕事をするには,スマートフォンだけではデータ容量や速度が物足りないと感じているかもしれません。

もちろん光回線を引くのが一番良いとは思いますが,工事の手間もありますし,家屋の状況によっては敷設できない可能性もあります。そこで手軽に導入できるWiMAX(WiMAX2+)がテレワークの強い味方となります。なおWiMAXの読み方は「ワイマックス」です。

WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)は無線通信に関する規格のひとつで,一般的には「~WiMAX」や「~WiMAX2+」のようなブランド名やサービス名で提供されています。なお,旧規格であるWiMAXは2018年に新規受付は終了しており,現在は新しいWiMAX2+となっています。下り(ダウンロード)の最大速度はWiMAX回線が13.3Mbpsであるのに対し,WiMAX2+回線は558Mbpsとかなり高速化されています。

通信エリアは全国人口カバー率90%以上,主要都市99%以上などとされていますが,当然ながら地方や山間部などは電波が届かない場合もありますし,都市部においても地下など電波の届きにくい場所は存在します。WiMAXのサイトではサービスエリアを確認できるようになっていますので,事前に確認しておきましょう。

WiMAXサービス会社紹介

大元となるWiMAX回線自体は「UQコミュニケーションズ」が管理しており,それにともなうサービスを様々な会社が提供しているというのが大雑把なイメージです。よって基本的にどのサービス会社でもエリアや速度は同等のものとなり,それ以外のキャッシュバックや割引などのキャンペーンで特色を出しています。WiMAXサービスを提供する会社は20社以上ありますが,本記事では以下の4社を紹介します。

なお,キャッシュバックや割引などのキャンペーンについては,時期により金額や内容が変更されることもありますので,必ずそれぞれの公式サイトをご確認ください。

Broad WiMAX

画像:Broad WiMAX公式サイト
引用元:Broad WiMAX公式サイト

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の主な特徴は以下の通りです。月額料金は数あるWiMAXサービス会社の中でも安い設定となっています。

  • 業界最安級の月額2,726円
  • 最短当日利用可能
  • 満足度・充実度No.1

なお,キャッシュバックや割引などのお得なキャンペーンについてはBroad WiMAX公式サイトをご確認ください。

GMOとくとくBB

画像:GMOとくとくBB公式サイト
引用元:GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBの主な特徴は以下の通りです。キャッシュバックが最大30,500円(2020年8月現在)と他社よりも大きいのが魅力です。また,20日以内であればキャンセルも可能です(適用条件あり)。

  • 業界最高レベルのキャッシュバック(最大30,500円)
  • 初期費用がお得(端末代0円・専用クレードル0円・送料無料)
  • 20日以内ならキャンセルOK(適用条件あり)

キャッシュバックなどのお得なキャンペーンについてはGMOとくとくBB公式サイトをご確認ください。

BIGLOBE WiMAX 2+

画像:BIGLOBE WiMAX 2+公式サイト
引用元:BIGLOBE WiMAX 2+公式サイト

BIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブワイマックス2+)の主な特徴は以下の通りです。一般的には3年契約(3年縛り)が多いですが,1年契約で自動更新もないのが短期利用を希望する人には便利です。

  • 有名プロバイダの提供するサービス
  • 1年契約・自動更新なし
  • サービス開始月は月額料金無料

キャッシュバックなどのお得なキャンペーンについてはBroad WiMAX公式サイトをご確認ください。

カシモWiMAX

画像:カシモWiMAX公式サイト
引用元:カシモWiMAX公式サイト

カシモWiMAXの主な特徴は以下の通りです。初月と1か月目が1,380円と大幅割引となっています。

  • 初月と1か月目は月額1,380円
  • 端末代金0円
  • 8日以内であれば解除料0円で解約OK(条件あり)

キャッシュバックなどのお得なキャンペーンについてはカシモWiMAXサイトをご確認ください。

にほんブログ村 人気ブログランキング